更年期対策の仕方|外反母趾で悩んでいるなら専用の靴を履こう【負担をかけずに歩ける】

外反母趾で悩んでいるなら専用の靴を履こう【負担をかけずに歩ける】

更年期対策の仕方

女の人

サプリで対策する

日本人女性は平均的に50才で閉経を迎えます。この50才を境にした前後10年間のことを「更年期」と言います。更年期に発症する更年期障害の原因は、女性ホルモンの「エストロゲン」の減少です。エストロゲンは若さを保つために必要な卵巣から分泌される女性ホルモンです。閉経が近づいて卵巣機能が低下すると、次第にエストロゲンが少なくなります。いくら脳が命令してもエストロゲンが出なくなり、脳が混乱して更年期障害になるのです。更年期障害は、エストロゲンを増やすことで予防できます。エストロゲンの飲み薬もありますが、自分で増やす方法は沢山あります。手軽なのがサプリメントです。大豆イソフラボンやローヤルゼリーなどには、エストロゲンを増やす効果があります。

アンチエイジングもできる

女性ホルモンのエストロゲンを増やすことは、有効な更年期障害の予防法です。また、エストロゲンを増やすことでアンチエイジングもできます。エストロゲンはコラーゲンの生成を促進したり、血行を良くしたりする働きがあるからです。大豆イソフラボンなどのサプリメントを飲むことで、軽度の更年期障害改善と老化防止が期待できます。重症の場合は、医療機関で治療を受けると効果的です。ホルモン補充療法は、更年期外来などで出来る更年期障害の治療です。エストロゲンの内服薬を飲む方法と、パッチやジェルで経皮摂取する方法があります。プラセンタ療法も更年期障害に効く治療です。プラセンタはアンチエイジングでもおなじみの胎盤エキスです。女性ホルモンのバランスを整える効果があります。